アスベスト

石綿(せきめん・いしわた)とも呼ばれる天然鉱物で、耐久性・耐熱性・耐薬品性・電気絶縁性などに優れることから、「燃えない布」として古代エジプトの時代から使用されてきました。現代においても建物・自動車・電化製品などに使用され、産業用途で重宝されてきました。

しかし21世紀になり、吸引による深刻な健康被害が次々と判明しました。肺に滞留し、20年から40年という長い潜伏期間中に組織を破壊することで、肺ガンや中皮腫などの大病を引き起こすことがわかっています。日本では2040年までに10万人、世界ではさらに多くの死亡者が出るものと予測され、現在アスベストは法令によって厳密な取り扱いが取り決められています。

PAGE TOP