内装解体業者選びのポイント

施行費用の相場感

一般的に、工事費用の相場として、坪単価2.5万円~4万円といわれています。 注意することは、家本体を施行する費用のことが多いことがあります。 施行廃材の処分などその他にも費用がかかりますので、見積りの際には良く確認してください。 施行相場のポイントを紹介します。

工事はじゅうぶん納得した上で進めたいことです。 費用面や業者の対応をじっくり比較し、納得をして工事業者に依頼したほうがいいと思われます。 相見積りをする際に注意することは、正しく比較できるように、必ず施行内容を同条件で見積依頼するようにしましょう。 見積りを検討する際に、たとえば、警備費用や不用品の処分が別料金になっていないかなど、詳細に確認をしましょう。

施行はどこに依頼すべきか

家を建て替える場合は、住宅メーカーに依頼することが多いと思いまるが、住宅メーカーは、本業でないため、ほとんど外注することになります。 外注の場合は、工事費用が加算されることが多くなります。

見積り時には、『坪/○○円』ではなく、何にどれだけかかるかの明細をキチンをもらいましょう。 施行をすすめるうちに、地中から障害物がでてくることがあります。後で、追加料金を請求されることもありますので、そのような可能性も事前に説明をしてくれる業者に依頼するのも大切です。

作業内容の確認とオプション作業の確認 ①ガス・水道等の埋設管の撤去 ②植木・庭池の撤去 ③リサイクル料金などのかかる家電などの処分。 ④施行後の整地の費用 ⑤騒音などの近隣の方との問題点 ⑥施行にかかる期間 ⑦施行作業時に立ち会いが必要かどうか。 ⑦その他、想定される作業についての確認。

施行前の確認事項

①施行後に追加料金を請求された。 施行業者のなかには、依頼主の了承を得ず、勝手に施行をする業者がいます。 実際の請求書を見て、「追加施行○○円」などが記入されないように、くれぐれも施行前の打ち合わせは詳細にわたってし、あとで追加料金が発生しないようにしましょう。

②近隣の人から電話がきて施行が止まった。 施行の際には、物がこわれる大きな音が出ます。施行前にご挨拶をしておけばいいのですが、音は広範囲に響きます。 「事故?」と飛び出してくる近隣は方がいるかもしれません。 近隣挨拶とさらに消音施工を徹底することによって、近隣の方にできるだけご迷惑をかけないように細心の注意を払って、ご迷惑を最小限に抑えましょう。

③隣接している建物に傷をつけたり、壊したりした。 まれではありますが、施行の時に、隣接している家屋の壁や屋根に傷をつけたり、ヒビを入れたりしたままにしまう業者もいますので注意しましょう。

PAGE TOP